Skip to content

我が国内においての、借地料の現状

1.借地料の必要条件について 元々、この記事でいう「借地料」とは、計画敷地などが借地契約をしたりしていた土地で あった場合に、何らかの形で支払う借地代の料金の事を指します。ただし、この借地料の権 利に関しては、注意をしなくてはならない点はといえば、賃借権の契約を最初からしている 状態で、計画敷地内での部分に触れたりしている必要があり、そのうえ、具体的に計画自体 により敷地所有者への何らかの影響の度合いが大きければ、その対象条件に該当するなどと いった、現在の裁判所による判例の解釈がなされているような状態です(もちろんこれに は、反論の学説などもあるようです)。また、その敷地内に設定をされている権利自体が、 地上権や地役権などの場合には、賃借料などに関しての規定が条文上、当事者同士の特約が なければ支払う必要がありませんので、敷地の所有者で賃借料についての取り決めをしたり していない場合には、借地料の請求ができませんので、注意が必要です。

2.借地料そのものの、諸権利毎においての発生条件 今話したように、地上権や地役権などの場合には、最初からそれについての特約が存在して いなければ、借地料の請求が出来ないようになっています。しかし、そうした場合でも借地 料に関しての請求関連での規定を盛り込んだ特約を当事者同士で作成をしたり、あるいは借 地料支払い契約などを結んだりすれば、借地料の請求が敷地所有者の立場として請求が可能 になりますので、お勧めの方策といえます。また、今話した諸権利以外にも、永小作権や囲 饒地通行権、質権などにおいても可能な場合がありますので、それぞれの諸権利による用途 に応じたりした、賃借料支払いに関しての契約を結んでいくパターンを考えていく事が可能 になります。その代わり、臨機応変なそれぞれに合う賃借料支払いに関しての当事者同士の 権限の現状を踏まえたあり方を考えていかなくてはなりませんので、ある程度の法的技術が 必要になってきます。

3.借地料の種類 今度は、借地料の種類に関しての話の内容になります。現在のところ、大きく分けて、先程 も触れた法律上においての通常の借地料である「普通借地権料」と、戸建住宅用の一般定期 借地権に基づいた「定期借地権料」の2種類からなります。大抵の場合には、これらの両方 とも私達の一般的な日常生活面などにおいて、多く利用をされている賃借料契約の形である といえます。そして、定期借地権料の方も、建物譲渡特約付借地権料・一般定期賃借権料・ 事業用借地権料からなる、それぞれ3種類のものからなり、それらの中から用途に見合う賃 料支払いのスタイルに関しての契約の形を選んでいくことが可能になっていますので、とて も安心できます。それぞれの用途などはもちろんの事、物件そのものの規模や使用なども頭 に入れながら、賃借料のあり方を考えていけるといった、メリットがあります。

4.貸し主側としての、借地料徴収の心得 土地に何らかの形で関わりのある相手方当事者、あるいはどうしても用途上、その土地上に おいて、何らかの形で借地権契約を新たに結ぶのを希望している第三者、等々、本当に様々 な借り主側である方のスタイルといったものが、借地権法上あいます。それらの借り主側の 方、あるいはそれらになり得る可能性がある希望者である方などの場合には、まず、貸し主 側である自分としての立場から、現在それらの方とのどのような契約関係がある、あるい は、契約を結ぶ可能性が有り得るかについて、ようく考察をしていく必要性などといったも のがあります。そのうえで、借地料に関してのやり取りなどをしていく流れになりますの で、話し合いがどうしても必須であり、利益の公平性のバランスが大切です。信頼できる 不動産査定サイトの利用がおすすめです。

5.抵当権設定との兼ね合い そして最後に、借地料の権利と抵当権設定との兼ね合いに関しての内容について、ある程度 触れてみます。この内容は実際の土地物件でのやり取りの際に必要な場合がありますので、 覚えておいて損は無いものと考えられます。その借地料の対象であった土地に、あらかじめ 前もって抵当権の設定などがなされたりしていた場合には、そこの所有者本人から、抵当権 設定者である方は、借地料の権利を、抵当権行使時においてのみ、取得することが可能にな ります。この時点でないと、所有権と占有権の両方を取得ができませんので、当然の事なが ら、第三者への借地料に関しての権利取得なども不可能です。そのために、抵当権を行使し て、その借地料権の取得をしていく必要性が出てきます。その点を押さえておけば、敷地所 有者である場合は抵当権執行の拒否、抵当権者であるならば所有者への抵当権執行の催告、 第三者の場合には両者への支払い確認の有無に関しての質疑、等々、それぞれの立場でのパ ターンを考えていくことが可能です。